子供の身長を伸ばすうえでとても大切なことは、栄養素です。

バランスの良い栄養素を毎日十分に取り入れることは、子供の身長を伸ばすためにとても大切です。

 

普段の食事では、成長期の子供にとって十分な栄養素を取り入れることはできません。

そのために、食事+身長サプリで栄養素を補うことが必要です。

 

十分な栄養素を子供に摂取させるため、あなた自身もどんな栄養素が身長を伸ばすために必要なのか理解しておくことが大切なことです。

 

身長を伸ばす栄養素!

コラーゲン(タンパク質)

コラーゲン(タンパク質)は、骨を作るために必要な栄養素の一つです。

肉類、魚類、豆類、乳製品などに多く含まれます。

肉が大好きでいつも高カロリーな牛肉、豚肉をたくさん食べていると、身長だけでなく横にも大きくなってくるため、食べ過ぎると肥満になってしまいます。

肥満になると、成長ホルモンの分泌を抑えられること、思春期が早く訪れることになってしまい、成長期が短くなります。そのために、身長が伸びなくなります。

 

タンパク質を摂取するには、肉類は食べすぎず、その他のタンパク質を含む食品をバランスよく食べるようにしてください。

 

コラーゲン(タンパク質)は、お腹の中でいったんアミノ酸に分解され吸収されますが体の中を巡り、必要な場所でコラーゲンを再構成する必要があります。

その際に必要になってくる栄養素が、ビタミンB12やビタミンCです。

 

タンパク質が骨を作るものだから、筋肉を作るものだからと、肉類だけを食べるのではなく、ビタミンもシッカリ摂取するようにしないと、身長は伸びてきません。

 

カルシウム

カルシウムは、昔からよく言われる身長を伸ばすために必要な栄養素です。

私も子供の時には、身長を伸ばすには、牛乳を飲むように言われてきましたが、私の場合には、十分に吸収されていなかったようです。

 

実は、牛乳を飲むと下痢をする体質だったのです。つまり私にとっては、牛乳は栄養となりえなかったんです。

 

しかし、カルシウムが身長を伸ばすために必要な栄養素であることは変わりません。

カルシウム摂取のためには、牛乳などの乳製品、小魚、煮干し、しらすなどの魚類、胡麻、小松菜、大根の葉、千切り大根などの野菜からバランスよく摂取することが、カルシウムの吸収を高めるための工夫です。

小魚や煮干しは本当に身長が高くなる効果がある?

豆乳で身長を伸ばす効果がある理由!身長サプリを合わせて効果的に背を伸ばせ!

乳製品(牛乳・チーズ・ヨーグルト)に身長を伸ばす効果がある理由は?

 

また、ビタミンCやビタミンDは、タンパク質の吸収や吸着には欠かせない栄養素です。

カルシウムを効率よく摂取するため、パセリ、ブロッコリー、レモン、いちご、キウイフルーツなどを一緒に食べると効果的ですね。

 

さらに、カルシウムはマグネシウムと2対1に量が必要です。この比率になるように骨が作られるので、カルシウムだけでなく、マグネシウムが多く含まれる食品を食べておくことが大切なことです。

 

マグネシウム

マグネシウムは、カルシウムとセットに取り入れたい栄養素です。

骨の構成はカルシウムとマグネシウムが2対1になるように作られます。

 

マグネシウムがシッカリ含まれることで、骨の強度が高まります。

また、マグネシウムはタンパク質の合成や、代謝を上げるため、体の機能調整のためにかかせない栄養素です。

 

マグネシウムを効率よく摂取するには、天然のにがりを用いた木綿豆腐が効果的です。

大豆、インゲン豆などの豆類、カツオ、イワシ、牡蠣、アサリ、シジミなどの魚介類、アーモンドやナッツ、落花生などのナッツ類、そして、ゴボウやほうれん草などの野菜に多く含まれています。

バナナが身長を伸ばすってホント?バナナの効果や栄養素を徹底解説!

 

亜鉛

亜鉛は、体の細胞分裂をするとき、体を作る時に使われる栄養素です。

骨が作られるとき、成長ホルモンが分泌されるときに欠かせないものです。

 

亜鉛が欠乏すると味覚障害になったり、亜鉛を摂取しすぎても副作用が出てしまう栄養です。
毎日適量を摂取し続けることが大切なことです。

 

亜鉛を多く含まれるのは、牡蠣、ホタテ、アサリ、魚の内臓など。豚レバー、牛モモ肉などの赤身の肉、大豆製品などに多く含まれます。

 

アルギニン

アルギニンは、脳下垂体に働きかけて、成長ホルモンの分泌を促す栄養素です。

成長ホルモンの分泌を促すので身長を伸ばすのに欠かせない栄養素として知られています。

 

アルギニンは、牛肉、豚肉、鶏肉などの肉類、乳製品、大豆製品、ナッツ類などに多く含まれますが、普段の食事だけでは不足する栄養素です。

 

大規模な統計調査で、アルギニンが最も身長に影響する栄養素であることが分かりました。

 

そして、通常の食事では不足するもの。逆に肉類を食べすぎると横に太ってしまうので、たくさん摂取するのが難しい栄養素なのです。

 

効率的に身長を伸ばすには、一定量のアルギニンを毎日摂取する必要があります。

 

そのための補助食品として身長サプリがおすすめできます。

 

ビタミンD

ビタミンDは、カルシウムの吸収効率を高める効果があり、カルシウムの効率よう良い摂取におすすめ。

また、カルシウムを骨に吸着させるためにも使われるため、骨の成長には欠かせない栄養素です。

 

ビタミンDは、太陽の光に当たることで体の中で合成されます。そのため、外で名一杯遊ぶことで体が丈夫になることに繋がりますね。

また、食べ物からもビタミンDを摂取することができます。

キクラゲ、干しシイタケ、シメジ、ブナシメジなどのキノコ類、サンマ、ニシン、アンコウ、鮭などの魚類からも摂取することができます。

 

カルシウム摂取のために欠かせない栄養素なのでシッカリ摂取して丈夫な骨を作るようにしてくださいね。

 

ビタミンC

ビタミンCは、お肌を作るのに欠かせない栄養素、つまり、タンパク質を合成してコラーゲンを作るのに欠かせない栄養素なんです。

そして骨も同様。ビタミンCが不足してしまうと、骨が作れてももろい骨になってしまいます。
骨を成長させるためにこそ、ビタミンCがとても重要になってきます。

また、将来の骨粗しょう症などのリスク軽減のためにも成長期だからこそ摂取したい栄養素です。

 

ビタミンCは、水溶性のビタミンです。食べ過ぎても体の外に排出されるだけ。だからこそ十分な量を毎日食べるようにしてください。

 

ビタミンCは野菜や果物にたくさん含まれています。

 

ビタミンK

ビタミンKも骨の生成に重要な役割を果たします。

骨の代謝を助けて骨が成長するために使われます。また、カルシウムが骨から流出するのを防ぐ効果と、骨の再石灰化を促す効果もあります。

 

骨の骨密度を上げるためにとっても重要な栄養素です。

 

葉酸

葉酸は、血液の中の赤血球を作る栄養素です。

また、ビタミンB12を作り出し、睡眠ホルモンであるメラトニンを作るのに欠かせない栄養素です。

 

リン

リンは、カルシウムが骨に吸着するときに必要になる栄養素です。

しかし、食品添加物に多く含まれ、多くとりすぎると、カルシウムの吸収を阻害してしまうことになります。

 

食品添加物を避けた食べ物を食べるようにしてくださいね。

 

鉄分

鉄分は、血液に含まれる赤血球のヘモグロビンを作る栄養素です。

ヘモグロビンは、酸素や栄養素を全身に運ぶために栄養素で、体の成長のためにかかせませんね。

 

女の子は生理が始まると鉄分不足になりやすいです。

そのため、鉄分を多く含む食品、レバー、カツオ、小松菜などを、しっかり食べるようにしてくださいね。

 

銅は、鉄分をヘモグロビンに変える効果、コラーゲンやエラスチンを作る酵素を作るのに使われる栄養素です。

コラーゲンは骨の構成物質であるので、身長を伸ばすには欠かせない栄養素です、

 

ココア、アーモンド、エビ、カニ、牡蠣などに多く含まれています。

 

バランスの良い栄養素の摂取のためには?

バランスよく栄養素を摂取するには、普段の食事だけでは難しいです。

 

どの栄養素も相互に関係しているので、すべての栄養素を摂取しておきたいですよね。

 

また、アルギニン、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンDなど骨を作る栄養素や成長ホルモンの分泌を促す栄養素は、他の栄養素よりもシッカリ摂取しなければいけません。

 

そんな成長期の子供が十分に栄養素を確保するための方法が、身長サプリを取り入れることです。

 

身長サプリは、子供の成長を徹底的に調べて作られています。

毎日飲んでおけば、栄養不足で身長が伸びないということがなくなります。

 

本気で身長を伸ばしてあげたいと考えているあなたにおすすめですね。

 

子供の身長を伸ばす方法とおすすめサプリを徹底解説!