睡眠は、身長を伸ばすためにとても大切なことです。

成長ホルモンの分泌を促すだけでなく、睡眠ホルモンのメラトニンが分泌することで思春期を遅らせる効果が期待でき、成長期の期間を伸ばすことに繋がります。

 

骨端線が閉じるまでの期間を増やすことができるので、高身長を実現するには睡眠時間が大きな役割を担っているといっても良いのです。

 

この睡眠の効果は小さなころからどれだけ質の高い睡眠を確保できるかで決まります。

 

もし、子供の身長が伸びていないのなら、子供の身長を伸ばすため、質の高い睡眠がとれているかどうか見直してみることをおすすめします。

 

日本人は睡眠不足!

日本人は世界的に見ても睡眠不足の人が多いといわれています。

 

それは、子供の睡眠時間も同じ。

 

毎日夜遅くまでの習い事、塾通い。

 

忙しい毎日を送っていることに加えて、テレビやゲームのため夜遅くまで起きていることも多いです。

 

それに最近では、小学生でもスマホを持っている子供も多く、パソコンを使う子供も多いです。

 

そのため夜寝る時間が遅くなってしまい、質の良い睡眠を得ることが難しくなっているのです。

 

欧米の子供と比べて、睡眠時間が短いということも分かっています。

 

最近の調査によると、欧米の子供と日本人の子供の睡眠時間で、10時間以上寝ている割合を調べた結果があります。

 

その調査によると、10時間以上寝ている日本人の子供の割合は、欧米の子供よりも2分の一程度しかいないことが分かっています。

 

また、8時間未満しか寝ていない割合は、日本人の子供が欧米人の子供よりも32倍高い割合なのです。

 

つまり、日本人の子供は、欧米の子供よりも睡眠時間が短いです。

 

睡眠時間が短くなることによる影響!

世界で高身長国と言われるオランダ。平均身長は、男女ともに、10センチ以上高いです。

男性は、平均身長184センチ、女性は171センチです。

 

欧米人と日本人の子供で、よく知られている特徴が、思春期の到来時期の違いです。日本人の子供は早熟傾向にあり、平均で1年以上も思春期の到来が遅いといわれます。

 

また、食事の習慣も異なり、日本ではお米が主食であるのに対し、オランダではジャガイモが食卓に欠かせない主食となっています。

食べるものでは、欧米では乳製品が多い、飲料水は硬水が中心というのもありますね。

 

これらの違いを考えたときに、睡眠時間により身長に及ぼす影響が強いと考えられるのが、思春期の始まる時期なんです。

 

睡眠と身長の関係!

質の高い睡眠は、寝ている間に成長ホルモンの分泌を促してくれます。また、睡眠ホルモンであるメラトニンもがっつり分泌されます。

 

良く寝る子供はよく育つという言葉は正しく、この成長ホルモンによりぐんぐん身長が伸びる効果が高まります。

 

そして、睡眠ホルモンであるメラトニンも身長に大きく影響を及ぼすことになります。

周りが暗くなってくると、メラトニンが分泌されて眠くなってきます。夜早く眠ることができて質の高い睡眠が得られると、メラトニンの分泌が高まります。

 

メラトニンが十分に分布つされているならば、成長ホルモンの分泌を抑えることに繋がり、思春期を遅らせることになるのです。

 

思春期が遅くなれば、身長を伸ばすために必要な骨の軟骨部分である骨端線が存在した状態が続き、骨が伸びる期間が伸びます。

 

そのため身長が伸びる期間が伸びることになるため、高身長になりやすくなります。

 

つまり、質の良い睡眠を毎日維持することで、成長ホルモンをシッカリ分泌させ、成長期の期間を伸ばすことで、ぐんぐん身長を伸ばしていくことができるのです。

 

小中学生に必要な睡眠方法は?

質の良い睡眠時間を得るには、一定時間以上は眠らなければいけません。

 

小学生では10時間以上、中学生高校生は、8時間から9時間を目安に考えてください。

 

質の良い睡眠は、早寝早起きの生活習慣が必須です。

早く起きて太陽の光に浴びることで、目がさえ一日をスッキリ始めることができます。

そして、太陽が出ている間に、外で体を動かすことで、程よく疲れることができます。

この疲労により、暗くなると眠くなってくれて質の高い睡眠を導くのです。

 

子供がいつまでも寝てくれない。

 

という家庭なら、子供が夜快適に寝られるように環境から改善しておくことをお勧めします。

 

暗くなり始めたら明るい光ではなくオレンジ色の暗めの明かりにしておく。

夜遅くまでテレビをつけない。

夜はスマホやパソコンを触らせない。

 

など、夜眠くなる環境づくりを行ってください。

 

子供の身長を伸ばすために睡眠時間を確保できるようすることが大切です。

 

身長を伸ばすための方法は?

子供の身長を伸ばすためには、睡眠時間を十分に確保することが重要であることが分かったと思いますが、それだけではありません。

 

「栄養素」と「運動」も重要になってきます。

 

運動は、程よく疲れて睡眠の質を高めるためにも必要ですが、全身の代謝を上げて成長ホルモンの分泌を促したり、骨端線部分を程よく刺激を与えて細胞分裂を活発化させるのに重要です。

 

そのための運動が、有酸素運動とジャンプ運動。

どちらも取り入れられるスポーツが、バスケットボールやバレーボールなどです。

 

何より重要なのが、子供が楽しんで行うことですね。

 

栄養素は、これがなければ成長しません。

成長期の期間が伸びるということは、その期間中は、ずっと成長のために栄養素が必要になってきます。

 

成長期の間はどれだけ食べても栄養素は不足してしまいます。

 

そのため、順調に身長を伸ばすために身長サプリで栄養素を補給しておくことがとってもおすすめです。

 

身長サプリは、子供が毎日十分な栄養素を取り入れるために開発されたもの。だから、栄養不足で身長が伸びないなんてことはなくなります。

 

そんなわけで、「睡眠」「運動」「栄養素」でぐんぐん身長を伸ばしてあげられるようにしていきましょう。