身長を伸ばすのに必須な要素が運動です。

 

昔から言われる「よく遊び、良く食べ、夜寝る」という言葉通り、よく遊ぶ=たくさん運動することが身長を伸ばすためにとても重要なこと。

 

ただし、身長が伸びなくなる運動もあります。

 

どんな運動が身長を伸ばすのに効果的なのか、身長を伸ばさないのか徹底して解説します。

 

身長と運動の関係!

身長を伸ばすには骨が伸びる必要があります。骨が伸びるためには、骨の細胞分裂が活発に行われること。

そのためには、成長ホルモンがたっぷり分泌されていること、そして、骨と骨の間の軟骨の部分、骨端線が刺激されることが重要なんです。

 

そのために、運動が重要な役割を果たします。

 

全身の代謝を上げるには、有酸素運動が効果的。ジョギング、水泳など、体を十分に動かすこと、柔軟体操やストレッチで、全身を解しておくことが代謝を上げるには有効です。

 

骨端線部分に効果的な刺激を与えるには、ジャンプ運動などが効果的。

ジャンプ運動を含むバスケットボール、バレーボール、縄跳びなどのスポーツが骨端線部分に程よい刺激を与えてくれます。

 

つまり、身長を伸ばすためには、有酸素運動、ジャンプ運動を行うことが大事なのです。

 

身長を伸ばさない運動!

逆に、身長を伸びにくくさせる運動もあります。

それは、過度な運動や嫌々ながら行う運動です。

 

過度な運動とは、重量挙げや、体操など。筋肉を過度に酷使するように運動です。

骨の間に存在する骨端線部分が過度に刺激を受けることで破壊されることに繋がります。それにより、細胞分裂ができず骨の成長が阻害されてしまうのです。

 

また、マラソンなどもエネルギーを消費しすぎることで、回復のために栄養素が使われます。

身長を伸ばすために栄養素が使われなくなるので、疲れすぎてしまう運動も身長が伸びなくなる原因です。

 

身長を伸ばすためには、楽しめる範囲で体全体を使って体を動かすことを心がけましょう。

 

身長を伸ばすためには?

身長を伸ばすために必要なことは、「栄養素」「睡眠」「運動」です。

 

そして、運動は、健全な成長のためには欠かせません。

十分に楽しんで、外で遊ぶことで身長がぐんぐん伸びる効果が出てきます。

 

家の中でばかり遊んでいることで、運動不足になっていることが原因で身長が伸びない子供もいます。

 

身長を伸ばすため、丈夫な体を作るため、子供を外に連れ出してシッカリ遊ばせるようにしてくださいね。
あなたが一緒になって遊ぶことも大切なことです。

 

また、身長を伸ばすためには、運動だけでなく、取り入れる栄養素のバランスに気を付けたり、質の高い睡眠が得られるような環境づくりを心がけてください。

 

バランスの良い栄養素は身長を伸ばす栄養素になります。質の高い睡眠は成長ホルモンを分泌させ、思春期も遅らせることで成長期を伸ばすことに繋がります。

 

子供は、自分で身長を伸ばすためにどうしたらよいかわかっていません。

 

あなたがシッカリサポートしていくことが身長を伸ばすことに繋がってきます。

 

あなた自身が身長を伸ばす方法をしっかり理解して、子供をサポートすることが必要なんです。