私の小さなころから、ずっと身長を伸ばすならば牛乳を飲むように言われてきました。

でも、同じような飲み物で豆乳があります。

 

豆乳は、大豆から作られた栄養素たっぷりの飲み物です。

栄養たっぷり、身長を伸ばす栄養素もばっちり含まれます。

 

しかも、牛乳に含まれる乳糖は日本人は消化できず下痢になる人が多い。

 

そのため、豆乳は、子供の身長を伸ばせるには、牛乳よりもおすすめできるものなんです。

 

豆乳が身長を伸ばす効果がある理由!

豆乳には、骨の成長を促す栄養素であるタンパク質、カルシウム、マグネシウムが豊富に含まれています。

特に、マグネシウムの量が、牛乳よりも多く、約3倍。

 

カルシウムの量は牛乳の方が豆乳よりも2倍含まれています。

しかし、丈夫な骨にするためには、マグネシウムが必要なこと、さらに、日本人には、牛乳を飲むと下痢になる人が多いことから栄養素の吸収面を考えると、豆乳の方がおすすめ。

 

また、豆乳には、成長ホルモンの分泌を促すアルギニン、たんぱく質などの細胞の合成に必要な亜鉛も含まれているので、身長を伸ばすために必要な栄養素は十分に含まれているのです。

身長と成長ホルモンの関係!成長ホルモン分泌は栄養素・運動・睡眠がカギ!

 

さらに、豆乳には、質の良い睡眠を促すためトリプトファンが含まれます。

 

トリプトファンは、脳に働きかけてセロトニンを作る物質。

そしてセロトニンは睡眠ホルモンであるメラトニンに変化するのです。

 

つまり、豆乳を飲むことにより、質の良い睡眠に繋がること。それにより成長ホルモンの分泌が促されます。

そして、メラトニン自体が、性ホルモンの分泌を抑える効果があることで、思春期を遅らせることに繋がるんです。

 

そして、思春期が遅くなるなら、身長が伸びる期間が伸びる。

 

豆乳を飲むことで、骨が成長する栄養素が摂取できるとともに、質の高い睡眠が得られることで身長が伸びやすい状態になっていくのです。

 

効率よく身長を伸ばす方法は?

効率よく身長を伸ばすためには、身長を伸ばす方法を理解して実践していく必要があります。

身長を伸ばす方法は、「栄養素」、「運動」、「睡眠」がカギを握るものです。

 

栄養素!

その中で栄養素について、普段の食事に加えて豆乳を飲むと、骨が成長するために栄養素や、成長ホルモンの分泌を促す栄養素などをシッカリ取ることができますが、実は、まだ不十分です。

 

 

タンパク質には、食物性タンパク質、動物性たんぱく質があり、どちらも同じようにバランスよく食べる必要があり、豆乳は食物性タンパク質です。

魚類、肉類などのタンパク質もシッカリ摂取すること。

 

カルシウムは、それだけでは吸収効率が悪いです。また、豆乳だけでなく、小魚や煮干しといった魚介類、小松菜や大根菜や千切り大根などの野菜からもバランスよく摂取しましょう。

また、吸収効率を高めたり溶出を防ぐためビタミン類は欠かせません。さらに、骨を強くするためマグネシウムも欠かせないのです。

 

特に、ビタミンDは、カルシウムの吸収効率を高めます。太陽の光に当たることで生成されますが、食べ物からも取り入れてください。脂溶性のビタミンなので、油を使い干しシイタケ、シメジ、ブナシメジ、エリンギ、小魚などを料理すると効果的に栄養素を取り入れられます。

 

マグネシウムも、天然のにがりを使った豆腐や、アーモンド、バナナなどにも多く含まれます。豆乳にバナナを混ぜて飲んでも栄養価としてもとってもおすすめ。

 

そして、豆乳にもアルギニンは含まれますが、それでもやはり必要な量を摂取するには足りません。

アルギニンは、子供のころは体内で生成することができないにもかかわらず、健康な子供のアルギニン摂取量が身長の伸びに影響することが分かっているのです。

 

アルギニンは成長のためにかかせません。毎日必要な量を摂取するため、豆乳に加えてプラスアルファで摂取できる環境づくりが必要です。

身長を伸ばすなら栄養素に気を付けよ!子供の食事とサプリで大切なことは?

 

栄養素について考えてみると、豆乳を加えたとしても普段の生活の中で、やはり成長期の子供が身長を伸ばすために十分な栄養素を確保するのはとても難しい。

 

成長期の子供のため徹底的に研究して子供の栄養確保を目指して作られているのが「身長サプリ」なんです。

 

特に、栄養満点の豆乳を混ぜて飲めるタイプのものが、飲み忘れもなく、豆乳の栄養素も摂取できるのでいいですね。

 

身長サプリについては、たくさんの身長サプリの中から選びだしたのをまとめたので、こちらを読んでみてくださいね。

子供の身長を伸ばす方法とおすすめサプリを徹底解説!

 

運動や睡眠!

また、身長を伸ばすには、「運動」、「睡眠」もとっても大切なんですよね。

 

食べてばっかりだと、太っちゃいます。

太ってしまうと、性ホルモンの分泌が促されてしまい、早く大人の骨に変わり、骨がのびなくなってしまいます。

太っている子供が、早く大きくなるけれど、小学生高学年くらいから身長が伸びなくなり、中学生でどんどん抜かされていくのはこのためなんですよ。

 

シッカリ運動して十分寝ることが必要。

 

運動は、骨に刺激を与えるようなジャンプ運動を取り入れる運動や、全身を動かすことができる有酸素運動がとってもおすすめ。

 

バスケットボール、バレーボール、ジョギング、縄跳びなどをしましょう。

太ってしまうと外で遊ぶこと、体を動かすことが億劫になってしまうかもしれなけど、あなたが一緒になって運動してあげてくださいね。

小さなころから一緒に運動することを心がけておけば、楽しんで遊んでくれます。

身長と運動の関係!効果的に身長が伸びる運動と伸びない運動を徹底解説!

 

そして子供を名一杯遊ばせたら、夜は早めに寝かしつけること、

豆乳を飲むと、メラトニンが分泌されて睡眠の質が高まりますが、早寝早起きの生活習慣をつければ、さらに睡眠の質が高まってくれます。

 

たくさん寝て身長を伸ばす期間を増やすことも大切です。

睡眠と身長の関係!小中学生が身長を伸ばすため気を付けるべきこと!

 

最後に

豆乳は、大豆から作られた栄養価の高い飲み物です。牛乳と比較すると、乳糖が含まれないので、たくさん飲んでも下痢を起こすことがありません。低カロリーで、高たんぱくな飲み物なので、子供のダイエットのために飲ませることができますね。

 

身長を伸ばすためにもおすすめな栄養満点な飲み物なので、身長サプリに混ぜて飲むようにしてみましょう。